女子高生9キロ引きずり事故の犯人は誰?名前、職業、なぜ気づかなかったのかなどを調査!

この事故は、2024年2月10日に茨城県ひたちなか市で発生しました。

 

水戸市に住む16歳の女子高生が、72歳の男性が運転する車にひかれ、そのまま約9キロも引きずられて死亡しました。

水戸市酒門町の国道で何らかの理由で倒れていた女子高生が車にひかれ、そのままおよそ9キロにわたり引きずられた。

 

9キロも引きずったことに気づかなかったのか?犯人はどんな人なのか調査してみました。

 

女子高生9キロ引きずり事故の犯人は誰?

女子高生を轢き、そのまま引きずり死なせてしまったドライバー男性の顔や名前などの情報は現在のところありません

名前: A

年齢: 72歳

逮捕状況: 2024年2月10日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)の疑いで逮捕

 

この事故の犯人は、72歳の男性ですが、男性の名前は、警察やメディアによって公表されていません

 

この男性は、事故後に車体の下に女子高生が挟まれているのを発見し、自ら通報しました。

この男性は、女子高生をひいたことに気づかなかったと供述しています。

なぜ女子高生をひいたことに気づかなかったのでしょうか?

 

 

女子高生9キロ引きずり事故は気づかなかったのか?

9キロ走行するまで気付かなかったということは、認知機能に問題があったのでしょうか?

それとも、女子高生の身体が車体にすっぽりとハマり、運転に支障が無い状態になってしまっていたのでしょうか?

 

実際に女子高生は『何らかの理由で倒れていた』ところをひかれて引きずられたということでしたので、

ひかれた時点で女子高生には意識が無かったということも考えられます。

 

一般的な乗用車であれば、人をひいたり、何かに乗り上げたりしたら、普通は異音や振動などで感じるはずです。

しかし、この男性は、高齢であることや、車の性能や状態によって、感覚が鈍っていた可能性があります。

また、この男性は、車内のものに気を取られていたり、前を見ていなかったりした可能性もあります。

 

 

まとめ

この事故は、高齢者の運転による悲劇の一つです。

高齢者の運転は、事故のリスクが高く、自分だけでなく、他人の命も危険にさらします。

 

高齢者の運転には、免許の更新基準や制限などの対策が必要ではないでしょうか?

それだけではなく、高齢者自身が自分の運転能力や状況を客観的に判断し、必要に応じて運転を控えたり、代替手段を利用したりすることも大切です。

 

この事故で亡くなった女子高生は、まだこれから人生を謳歌するはずでした。

彼女のご家族や友人の悲しみは計り知れません。

このような悲惨な事故が二度と起こらないように、私たちは高齢者の運転について真剣に考える必要があります。

ISE AD
おすすめの記事