赤い羽根共同募金とは何?何に使うのかや開催時期についてwiki調査!

赤い羽根共同募金は、定期的に学校、駅などで行っていて、誰もが一度は募金活動をされたかと思います。

そんな赤い羽根共同募金について、募金は何に使われているのかやや開催時期などについて調べてみました。

 

赤い羽根共同募金とは何?

赤い羽根共同募金という特別な寄付活動があります。

これは、戦後の昭和22年(1947年)に始まった市民主導の民間運動です。

その名の通り、寄付をすると赤い羽根のバッジが贈られ、これが日本全国で親しまれているシンボルとなっています。

当時は、第一次世界大戦後の経済恐慌による失業者や孤児が増加し、社会福祉への関心が高まっていた時代です。

赤い羽根共同募金は何に使われるの?

    赤い羽根共同募金の目的は、社会福祉の推進と地域コミュニティの強化です。

    寄付された資金は、子ども食堂の運営や災害時の支援、孤立防止プログラムなど、さまざまな社会福祉活動に役立てられています。

    特に、令和6年能登半島地震のような災害時には、被災者への迅速な支援金の募集と配分が行われます。

    赤い羽根共同募金は、主に以下の分野の社会福祉事業を支援しています。

    • 高齢者福祉
    • 障害者福祉
    • 児童福祉
    • 保健・医療・福祉
    • 災害対策

     

    具体的には、以下の活動に寄付金が活用されています。

    • 高齢者施設の運営
    • 障害者支援施設の運営
    • 児童養護施設の運営
    • 保健・医療・福祉の普及啓発活動
    • 災害時の緊急支援・復興支援

      赤い羽根共同募金の開催時期や寄付方法は?

      赤い羽根共同募金への寄付方法は、以下のとおりです。

      • 街頭募金

      • 郵便振替
      • インターネット

      街頭募金は、毎年12月1日から1月31日まで、全国各地で実施されます。

      募金箱を設置している場所で、直接現金や切手を寄付することができます。

       

      郵便振替は、郵便局の窓口で、ゆうちょ銀行の振替用紙を使って寄付することができます。

      インターネットは、赤い羽根共同募金のウェブサイトから、クレジットカードやコンビニ決済を使って寄付することができます。

      赤い羽根共同募金寄付

       

      赤い羽根共同募金の今後の課題

      赤い羽根共同募金は、日本最大の民間募金団体として、社会福祉事業を支える重要な役割を担っています。

      しかし、近年は、人口減少や高齢化などの社会変化により、社会福祉へのニーズはますます高まっています。

       

      赤い羽根共同募金が今後も社会福祉事業を支えていくためには、以下の課題を解決していく必要があります。

      社会福祉への関心を高める

      寄付者の拡大を図る

      寄付金の透明性を高める

       

      赤い羽根共同募金は、社会福祉の向上のために、これからもさまざまな取り組みを続けていくでしょう。

       

      まとめ

      赤い羽根共同募金は、日本の社会福祉を支える重要な存在です。

      寄付をすることで、社会福祉事業の充実に貢献することができます。ぜひ、赤い羽根共同募金への寄付をご検討ください。

      ISE AD
      おすすめの記事