ドミノピザの鼻くそバイトテロの犯人は誰?犯人の実名や店の場所、損害賠償について調査!

この事件は、2024年2月12日にXにアップロードされた動画が発端となりました。

動画には、ドミノピザの制服を着た男性従業員が、厨房でピザ生地を作る様子が映っています。

しかし、その男性は、撮影者と思われる別の従業員にあおられながら、鼻をほじってその指を生地にこすりつけるという不衛生な行為を行っています。

 

この動画はSNSで拡散され、多くのユーザーから非難や嫌悪の声が上がりました。

ドミノピザの公式アカウントにも、この事件に関する問い合わせや苦情が殺到しました。

 

今回の件が起きたのはどこの店舗か?不衛生な行為を行ったのは誰なのか?調べてみました。

 

 

ドミノピザの鼻くそバイトテロは誰?

今回、ドミノピザで鼻くそを混入させた人物の名前はわかっていません

 

しかし、ドミノピザの発表によると、

兵庫県尼崎市にある尼崎店のアルバイト従業員

 

今後、このアルバイト店員に対して、法的措置が取られるとされていますので、実名などは報道される可能性があります

現在の所、アルバイト従業員の実名は公開されていません。

 

ドミノピザの鼻くそバイトテロは店舗?

今回、鼻くそが混入した店舗は兵庫県尼崎市にある尼崎店であることがわかりました。

 

店舗名:ドミノ・ピザ尼崎店

所在地:〒660-0805 兵庫県尼崎市西長洲町2丁目32−3

 

 

ドミノピザの鼻くそバイトテロで店は営業停止!

こちらの店舗は今回の件で、2月12日付けで営業停止を発表されています。

また、ドミノピザは、該当の従業員に関して、就業規則に則り、厳正に処分厳正な法的措置を検討中であることも発表しています。

 

2月12日、兵庫県尼崎市にあるドミノピザ尼崎店のアルバイト従業員が営業終了後の店舗内で、

生地に鼻くそ混入動画を撮影したとしてドミノピザは公式アカウントにて謝罪を発表しました。

 

ピザ生地は使用されていないこと店内の生地はすべて廃棄処分したことが明かされました。

また問題の動画に関与した従業員は就業規則に則って厳正に処分する予定であり法的措置も検討中だということもあわせて発表されました。

 

ドミノピザの鼻くそバイトテロで損害賠償は?

バイトテロでの損害賠償は、事件の内容や被害の程度によって異なりますが、

一般的には数百万円から数千万円の範囲で請求されることが多いようです。

ただし、実際に支払われる金額は、加害者の支払い能力や証拠の有無、和解の有無などによって大きく変わります。

 

2023年 スシローのペロペロ高校生

醤油差しや湯呑みを舐めたり、レーン上の寿司に唾をつけたりした器物損壊の非行事実で、17歳の少年に保護観察処分を下した。

少年に対して約6700万円の損害賠償を求める裁判を大阪地方裁判所に起こした。

その後調停が成立し、少年側が一定の金額を支払うことで和解が成立した。

 

まとめ

店舗には「営業再開は未定」との張り紙が掲示されています。

ネット上では、ドミノピザ尼崎店に関して元々評判が悪かったといった口コミも挙げられています。

今後、ドミノピザ本部の担当者が尼崎店に訪れ、状況の改善や指導に当たることが予想され、

営業再開までには1週間以上かかる可能性が考えられます。

 

一方で、今回の炎上への対応は迅速であり、ネット上での称賛の声もあがっています。

しかし、今後の対応には引き続き注目が寄せられそうです。

ISE AD
おすすめの記事