H-Natureとは誰?正体やプロフィール、接ぎ木についてwiki調査!

鮮やかな投稿動画が目にとまる、youtuberで急上昇中のH-Nature!

H-Natureは接ぎ木の方法や、植物の育て方について、わかりやすく解説されています。

 

H-Natureとは誰?正体やプロフィールは?

H-Natureは接ぎ木に関するYouTubeチャンネルを運営されている方です。

残念ながらプロフィールなどについては一切情報がありませんでした。

 

動画の様子から見ると、日本ではあまり見慣れない植物が多いため、

海外でアジア系の国の方がアップしているのでしょうか?

 

 

YouTubeのトップページを見ると、目を引く鮮やかな植物や果物があります。

実際に作る過程を紹介している動画は、まるでAIが作成したかのように驚くべきものです。

 

下記の動画タイトルは「A new skill in Grafting apples with grapes to create incredible fruit」

翻訳すると「リンゴとブドウを接ぎ木して素晴らしい果物を作る新しいスキル」

 

 

接ぎ木とは?

2つ以上の植物を接着させて、1つの個体にする技術です。

具体的には、植物の枝や芽などの一部を切り取り、ほかの植物の枝や幹に切断面を作って接ぎ合わせます。

接ぎ木には、大きく分けて2つの種類があります。

  • 穂木接ぎ:穂木(接穂)と呼ばれる、花や実を付ける部分を、台木と呼ばれる、根を張った部分に接ぎ合わせる方法です。
  • 台木接ぎ:台木と呼ばれる、根を張った部分に、穂木と呼ばれる、花や実を付ける部分を接ぎ合わせる方法です。

接ぎ木の目的は、大きく分けて2つあります。

  • 優良品種の保存:病害虫に強い、高品質な果実をつけるなどの優良品種を、種子から育てるよりも簡単に増やすことができます。
  • 植物の改良:異なる植物の特徴を組み合わせることで、新たな品種を生み出すことができます。

接ぎ木は、果樹や野菜の栽培において、欠かせない技術です。また、観葉植物や盆栽などの栽培にも広く利用されています。

下記の動画はリンゴとカボチャの接ぎ木の方法です。

ISE AD
おすすめの記事