漫画家の芦原妃名子さんに何があった?砂時計、セクシー田中さん原作者が亡くなる。

2024年1月29日、栃木県内で「砂時計」や「Piece」などの代表作で知られる漫画家、

芦原妃名子さんが死亡しているのが発見されました。享年50歳。

日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」の原作者としても知られ、主演は木南晴夏さんでした。

 

1994年にデビューし、少女漫画を中心に活躍してきた芦原さん。

彼女の作品は人間の心の機微を描き、多くの読者から絶大な支持を受けていました。

特に「砂時計」は小学館漫画賞を受賞し、テレビドラマや映画にもなるなど、その影響力は計り知れません。

 

芦原妃名子さんに何があった?

芦原妃名子さんの急死と遺書の発見。

芦原さんはトラブルを告白した後、投稿を削除し謝罪のコメントを残していましたが、

その翌日に行方不明となり、翌々日に死亡が確認されました。

遺書のようなものも見つかり、自らの手で命を絶ったとみられています。

 

2023年10月から連載していた「セクシー田中さん」が、日本テレビ系でドラマ化されたことで話題に。

しかし、芦原さんはドラマの制作陣と脚本に関するトラブルを自身のSNSで告白していました。

原作からの大幅な改変や、自分の意見が尊重されなかったことに不満を抱いていたようです。

 

「セクシー田中さん」で主演の木南晴夏さんは自身のSNSで

「どうしてと思うばかりで今の気持ちを表す言葉が見つかりません。心よりお悔やみ申し上げます」

と追悼のメッセージを寄せました。共演者や友人からも、芦原さんへの惜しむコメントが寄せられています。

 

芦原妃名子さんにがなくなるまでの下人など時系列でまとめ

2023年6月

芦原さんは、日本テレビ系で放送されるドラマ「セクシー田中さん」の原作としてオファーを受ける。

原作に忠実な脚本を条件に同意する。

2023年10月~12月

ドラマ「セクシー田中さん」が放送される。

芦原さんは、原作から大きく変更された脚本に不満を持ち、加筆修正を繰り返す。

9話と10話は、芦原さん自身が脚本を担当する。

2023年12月28日

ドラマの脚本家・相沢友子さんが、自身のインスタグラムで芦原さんの脚本について批判的なコメントをする。

芦原さんと相沢さんの間でSNS上でやりとりが発生する。

2024年1月26日

芦原さんが、自身のXでドラマの脚本に関する経緯や事情を長文で投稿する。

小学館と事実確認したとするもので、自分の作品に込めた思いや、

ドラマ制作前に提示していた条件、その後の局側とのやりとりなどを詳細に説明する。

2024年1月28日

芦原さんが、自身のXで「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と謝罪のコメントを残す。

その後、Xの投稿をすべて削除し、ブログにもアクセスできなくする。関係者が行方不明届を提出する。

2024年1月29日

芦原さんが、栃木県日光市の川治ダムで死亡しているのが発見される。

遺書のようなものも見つかり、自殺とみられる

以上が、芦原さんがなくなるまでの原因など時系列でのまとめです。

芦原さんは、自分の作品に対する思いやプライドを守ろうとしたが、

それが世間からの攻撃と受け止められてしまい、自責の念に苛まれたのではないかと推測されます。

 

芦原さんの急逝に、ドラマの出演者や関係者、ファンからは驚きと悲しみの声が相次いでいます。

芦原妃名子さんは多くの人々に夢や希望を与えた素晴らしい漫画家でした。

彼女の作品はこれからも私たちの心に残り続け、その輝きを失うことはありません。心からご冥福をお祈りいたします。

ISE AD
おすすめの記事