南一輝がかっこいい!画像や出身地高校や家族などのwikiプロフィール!

体操界の新星、南一輝選手が注目を集めています。

 

南一輝選手の新技「ミナミ」は、FIG国際体操連盟からH難度として認定されました。

攻撃的な演技スタイルと、着地で勝利をつかむ強い意志が称賛されています。

 

世界選手権で団体金メダル、床運動銀メダルを獲得し、オリンピック出場を目指す彼の挑戦は続きます。

南一輝選手は、体操の楽しさを次世代に伝えるため、子どもたちにも熱心に指導しています。

 

そんな南一輝選手がかっこいいとネット上で話題になっています。

今回は南一輝選手のかっこいい画像やエピソード、出身地は家族などプロフィールを調査しました。

 

南一輝がかっこいい!画像は?

 

南一輝は日本の体操選手であり、その容姿と鍛え上げられた筋肉や魅力的な演技で注目を集めています。

 

南一輝選手は体操競技での活躍により、多くの人々から「かっこいい」と称賛されています。

以下に具体的なエピソードをいくつかご紹介します。

 

世界最高難度の床運動

現行ルールでの「世界最高難度」を持つ床運動のスペシャリストです。

「後方抱え込み2回宙返り3回半ひねり」H難度の新技として認定され、「ミナミ」と命名

彼は攻撃的な演技で優勝することを重視しており、「守りに入るより攻めて優勝した方がかっこいい」と語っています。

世界選手権での成功

2023年の体操世界選手権で、団体で8年ぶりの金メダルと種目別の床で銀メダルを獲得しました。

彼は「着地」で勝ちを手繰り寄せることを目指しており、そのために日々練習に励んでいます。

自身の挑戦と指導

南選手はオリンピック出場を目指す強い決意を持っており、けがからの復帰を果たしました。

また、次の世代に体操の楽しさを伝えるため、子どもたちに熱心に指導しています。

彼の努力と才能に期待が高まりますね!

 

南一輝のプロフィールは?

 

名前: 南一輝(みなみ かずき)

生年月日: 2000年1月24日

出身地: 山口県下関市

身長: 163cm

体重: 59kg

趣味: 風景写真を撮ること

 

以下、南一輝選手の戦歴になります。

世界選手権

2023年アントウェルペン(ベルギー): 団体総合金メダル

2021年北九州市: ゆか銀メダル

2023年アントウェルペン: ゆか銀メダル

 

ユニバーシアード

2021年成都市: 団体総合銀メダル

 

FIG体操ワールドカップ

2019年コトブス(ドイツ): ゆか金メダル

2019年パリ: ゆか金メダル

2023年ドーハ(カタール): ゆか銀メダル

 

また、南一輝選手は「後方抱え込み2回宙返り3回半ひねり」を初めて成功させ、

国際体操連盟(FIG)からH難度の新技として認定され、「ミナミ」と命名されました。

 

南一輝の出身地はどこ?

南一輝選手は山口県下関市出身です。

 

2020年2月号の市報「しものせき」でも大きく取り上げられていました。

下関市立垢田小学校を卒業されたとのことで、おそらく下関の西部、海沿いのご出身かもしれませんね。

 

南一輝さんは仙台大学の体育学科卒業し、多くのメディアで紹介されています。

彼は2019年から全日本体操種目別選手権のゆかで3連覇中であり、2021年世界体操競技選手権では銀メダルを獲得しました。

 

南一輝の高校など出身校は?

 

以下は南一輝選手の学歴の詳細です。

小学校:下関市立垢田小学校

中学校:下関市立垢田中学校

高 校:下関国際高等学校

大 学:仙台大学体育学科

 

南一輝選手の出身中学は下関市立垢田中学校で、2014年の中国中学校体操競技選手権個人総合では6位に入賞していました。

中学時代はレジェンド体操クラブでトレーニングを積まれていたそうです。

 

高校2年生まで特に目立つ成績はなかったが、3年のときに中国大会で優勝し、その後インターハイでも日本一を達成!

2019年6月全日本体操競技種目別選手権で初優勝し、オリンピック代表選考を兼ねる種目別のワールドカップでも優勝。

 

仙台大学は宮城県にある私立大学で、体育学部のみを有しています。

1967年創立で、東北・北海道地区ではスポーツ大学の先駆けとして知られています。

多くのアスリートを輩出しており、南一輝さんもその一人です。

 

南一輝選手はYoutubeやツイッターなどを投稿しており、性格が垣間見える投稿や、高校時代の記事も興味深いですね。

 

南一輝の家族は?

 

南一輝の家族は両親、姉、弟から5人家族です。

残念ながら、両親や兄弟の具体的な情報については公開されていません。

 

南一輝選手がパリオリンピックで金メダルを獲得した際には、彼の家族についても注目が集まることでしょう。

 

南一輝選手は、小学校2年生の頃に体操を始めました

彼の持病であるぜんそくを改善させるため、ご両親は何かスポーツを選ぶことを考えました。

そして、南一輝選手自身も「側転が得意だったから」と述べているように、元々運動能力が高かったことが伺えますね。

 

また、南一輝選手が出会った体操クラブの宮原正裕さんの指導は、彼にとって非常に大きな影響を与えたようです。

宮原さんは、南一輝選手に対して強制せず、大好きなトランポリンを自由に跳ばせてくれました。

 

その結果、南一輝選手は自分の武器である空中感覚を身につけ、成功への道を切り拓いたのでしょう。

ISE AD
おすすめの記事