高田真希の高校や大学はどこ?出身地や身長年齢などwikiプロフィール!

 

高田真希の高校や大学など出身校は?

出身小学校

高田真希選手の出身小学校は、愛知県豊橋市立津田小学校です。

この小学校では、高田選手がバスケットボールに初めて触れるきっかけがあったかもしれません。

豊橋市立津田小学校は、地域の有力な教育機関として知られており、優れた教育環境の中で高田選手の基礎学力とスポーツ能力が培われました。

 

出身中学校

高田真希選手の出身中学校は、愛知県豊橋市立北部中学校です。

この学校では、バスケ部に所属し、本格的にバスケットボールの技術を磨きました。

中学時代からその身長と技術を活かし、バスケ選手としての基盤を築きました。

彼女の努力と情熱は、出身地の豊橋市だけでなく広く知られるようになり、日本代表に選出される礎を築きました。

 

出身高校

高田真希選手の出身高校は、桜花学園高等学校です。

この学校は、バスケットボールの強豪校としても有名であり、多くの有望な選手がここで技術を磨いています。

高校に入学後、高田選手はその優れたスキルと戦術理解力をさらに向上させ、全国大会で数々の成果を収めました。

ここでの経験が彼女をプロ選手として、またバスケットボール女子日本代表として成功させる立派な基盤となりました。

 

大学

高校卒業後、は大学には進学せずデンソーアイリスに加入しました

ルーキーシーズンの2008-09では主力として28試合に出場し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

2010-11シーズンには、2年連続で得点ランキング1位となり、チームを初のプレーオフ進出に導き、ベスト5にも初選出されました。

2012-13シーズンは故障によりリーグ公式戦出場が3試合のみにとどまりましたが、翌年には得点とリバウンドランキングで1位となり、2シーズンぶりにベスト5に選出され、さらにレギュラーシーズンMVPにも初めて輝きました。

 

高田真希の出身地は?

出身地

高田真希選手の出身地は愛知県豊橋市です。

この市は海沿いにあり、豊かな自然と穏やかな気候が特徴です。

 

豊橋市の歴史と文化

豊橋市は、江戸時代に三河地域の経済と文化の中心地として栄えました。

市内には歴史的な建造物や文化財が多く残っており、中でも有名なのは国の重要文化財に指定されている「豊橋神明社」です。

また、豊橋市は独自の文化や伝統行事が多く、市民はこれらを大切に守り続けています。

このような豊富な歴史と文化が高田真希選手の人格形成に大きな影響を与えたことでしょう。

 

豊橋市のスポーツ文化

豊橋市はスポーツ文化も盛んで、市内には数多くのスポーツ施設があります。

特にバスケットボールは多くの若者に親しまれており、地元のバスケ部は高い競技力を持っています。

高田真希選手もここでバスケットボールを始め、その才能を磨きました。

 

高田真希のプロフィール

名前:髙田真希(たかだまき)

愛称:リツ
生年月日: 1989年8月23日(34歳)

出身地:愛知県豊橋市
身長:185cm 
体重:74kg

 

 

高田真希さんは女子バスケの日本代表として活躍しており、その身長は185cmと高く、ポジションはフォワードを務めています。

 

高田真希さんの趣味は読書や映画鑑賞で、リラックスした時間を大切にしています。

また、特技としては英語が堪能であり、海外とのコミュニケーションもお手のものです。

学生時代にはバスケットボールだけでなく、学業にも力を入れており、その努力が現在の多才な活動につながっています。

 

日本女子バスケットボール代表チームは、パリオリンピックでメダル獲得が期待されています。

その中で、高田選手は3大会連続の出場を果たし、日本代表の中心選手として活躍が期待されています。

東京五輪でキャプテンを務めた経験を活かし、パリオリンピックでも日本代表を引っ張っていくことが期待されています。

ISE AD
おすすめの記事