Mrs.DOUBLE DUTCHがかっこいい!女性のみでダブルダッチ世界王者のメンバーや職業などプロフィール!

ダブルダッチとは、2本の縄を使って跳ぶ縄跳びのスポーツです。世界中で競技会やパフォーマンスが行われています。

日本でもダブルダッチの人気が高まっていますが、その中でも注目されているのが、女性のみで構成されたチーム「Mrs.DOUBLE DUTCH」です。

 

Mrs.DOUBLE DUTCHは、2016年に結成された10人の女性ダブルダッチプレイヤーで構成されたチームです。

メンバーはそれぞれ国内外の大会で優勝経験を持ち、審査員やゲストパフォーマー、イベントオーガナイザーとしても幅広く活動しています。

 

チーム名に「ミセス」とつけているのは、どんなライフステージにいる女性でも自分のやりたいことができる環境を作りたいという想いからです。

そんなMrs.DOUBLE DUTCHのメンバーについて調べてみました。

 

Mrs.DOUBLE DUTCHのダンスがかっこいい!

Mrs.DOUBLE DUTCHは、2023年7月にアメリカで開催された世界大会「DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2023」で、

女性チームとして初めて世界一になりました。

 

彼女たちは、男女混合競技の「ダブルダッチシングルフリースタイル」に挑戦し、見事に優勝を飾りました。

 

この種目は、未だかつて女性チームでは国内予選を通過したことすらありませんでしたが、

彼女たちは国内予選で3位通過を果たし、世界チャンピオン候補チームにまでのし上がることができました。

その秘訣は、世界大会で結果を出してきたメンバーが集まっていることと、日々の練習で培ったチームワークと技術力です。

 

Mrs.DOUBLE DUTCHのパフォーマンスは、見ている人を魅了します。

縄の中で華麗に動き回り、高度な技を次々と決めていき、縄の速さや音、メンバーの息づかいや表情、音楽との一体感など、すべてが美しく調和しています。

彼女たちは、ダブルダッチをただのスポーツではなく、アートとして表現しています。

 

 

 

Mrs.DOUBLE DUTCHのメンバーについて、職業やプロフィールは?

 

MISA 吉川未紗 (35歳)

チームリーダー。軽快なステップと華麗な技で観客を魅了するチームのムードメーカー。

ダブルダッチの審査員やイベントオーガナイザーとしても活躍。

職業はエステティシャン。

 

Mayu 安藤麻由 (35歳)

チームのムードメーカー。

ダブルダッチの指導やパフォーマンスを行っている。

職業はペッドアパレル運営。

 

Haruka 田野崎はるか (32歳)

チームのアイデアマン。

ダブルダッチのルール制定やオリンピック正式種目化に関わっている。

職業は会社員。

 

Haruna 武遥菜 (31歳)

チームのパワーハウス。

ダブルダッチの技術力やスピードが抜群。

職業はネイリスト。

 

Sumire 廣川すみれ (30歳)

チームの美人担当。

ダブルダッチの表現力や華やかさが際立っている

職業は会社員。

 

Reina 土屋伶奈 (29歳)

チームの若手リーダー。

ダブルダッチの普及や教育に力を入れている。

職業は会社員。

 

Kyoka 小西叶花 (25歳)

チームの末っ子。

ダブルダッチの可愛らしさや元気さが魅力。

職業は飲食店経営。

 

以上が、Mrs.DOUBLE DUTCHのメンバーの職業やプロフィールです

Mrs.DOUBLE DUTCHは、年齢や職業、経験の異なる女性たちが集まって結成されたチームです。

それぞれの個性と魅力を活かしたパフォーマンスは、見る人の心を明るくします。

彼女たちは、世界一を目指すだけでなく、ダブルダッチの楽しさを多くの人に伝えたいという目標を持っています。

ワークショップやイベントへの参加など、積極的に活動しています。

ISE AD
おすすめの記事