のぶりんチャンネルの長谷川暢彦はどんな人?廃墟やゴーストタウンを紹介!

のぶりんチャンネルの急上昇に注目が集まっています。

のぶりんチャンネルは、最近急速に増加している登録者数を誇るYouTuberです。

 

youtubeの概要には「変わった場所を旅するチャンネルです」としか記載がありませんが、

のぶりんチャンネルではどんな動画が投稿されているのか?

運営者はどのような方なのか?調べてみました。

 

のぶりんチャンネルの長谷川暢彦はどんな人?

「のぶりんチャンネル」の長谷川暢彦さんに関するプロフィールはYouTubeや他のSNSには公開されていません。

動画内の情報からいくつか推測できる要素があります。

おそらく横浜在住で、年齢は20代前半と見られます。

 

2022年11月にYouTubeにチャンネルを開設しました

チャンネルの登録者数は4.63万人で、動画は51本投稿され、総視聴回数は11,413,844回に達しています。

特に注目すべきは、2022年10月15日にチャンネルが登録されたという点で、わずかな期間で登録者数が急速に増加していいます。

 

動画内では、子供と一緒にサッカーテニスを楽しんでいる様子が見受けられます。

そのスムーズな動きやボールへの対応から察するに、おそらくサッカーの経験がありそうですし、スポーツが得意な様子が伺えます。

また、Instagramの投稿では、プールでのバク転が披露されています。

日々のトレーニングやスポーツに励んでいる様子が感じられ、その結果として素晴らしい体型を維持しています。

 

 

のぶりんチャンネルの動画内容は?

のぶりんチャンネル動画では、廃墟やゴーストタウン、限界集落などの場所の歴史や現状を紹介しています。

 

例えば、以下のような場所を訪れています。

 

長野オリンピック会場: 1998年に開催された冬季オリンピックの会場で、総工費101億円かかった施設が放置されて廃墟化しています。

 

【入居率1割未満】取り壊しが決定。千葉県の超巨大廃墟群 真名団地の最後の姿が切なかった…

 

【衝撃】コンビニすらないニュータウン。トラブル続出で1/3が空き地となった街に行ってみたら…

 

以上のように、のぶりんチャンネルでは、一般的には知られていないような場所を探訪して、その魅力や問題点を伝えています。

のぶりんチャンネルの動画は、日本の歴史や文化に興味がある人にとってはとても興味深いものだと思います。

 

のぶりんチャンネルは、親しみやすく、ユーモアがあるという印象を与えます。

彼の動画は、YouTube Japan 公式チャンネルにも紹介されており、今後もさらに人気が出そうです。

ISE AD
おすすめの記事