ののちゃん(村方乃々佳)が天才子役でかわいい!家族や学校などwikiプロフィール!

村方乃々佳(むらかたののか)は3歳から歌手デビュー、癒しの歌声で世界を魅了

2018年5月31日生まれの日本の子役、歌手。愛称は「ののちゃん」。

そんなののちゃんについて、家族や学校などのプロフィールについて調査したのでごらんください。

 

ののちゃん(村方乃々佳)は天才子役!

2020年、2歳5か月の時に「童謡こどもの歌コンクール」で「いぬのおまわりさん」を歌い、史上最年少で銀賞を受賞。

 

その映像がSNSを中心に公開されると、その愛らしい身ぶりや力強い歌声が話題となり、一躍注目を集めるようになった。

 

2021年5月26日にソロアルバム「ののちゃん 2さい こどもうた」でキングレコードからCDデビューし、

童謡歌手としては史上最年少(2歳361日)のリリースとなった。

 

デビューアルバムはオリコン週間チャートで初登場1位を獲得し、

さらに2022年1月には2ndアルバム「ののちゃん 3さい こどもうた」をリリース。

 

こちらもオリコン週間チャートで初登場1位を獲得し、2枚連続で1位を獲得した。

 

ののちゃん(村方乃々佳)の学校は?

2023年3月に幼稚園を卒園し、現在は小学校に在籍していると思われますが、具体的な学校名や所在地などは不明です。

 

村方乃々佳ちゃんの自宅は、福岡県北九州市八幡東区にあると言われています。

八幡東区内の学校に通っている可能性は高そうですね。

 

ののちゃん(村方乃々佳)家族は?

 

ののちゃんは父親と母親と本人の3人家族です。

 

父親は勤続10年以上の会社員で、仕事が忙しくあまりののちゃんと合う時間がないようです。

母親はののちゃんを出産してから専業主婦で、家では野のちゃんと一緒に歌を歌っているようです。

 

両親は、一般人のため、名前や職業などの詳細は公表されていません

 

しかし、ののちゃんの母親が、ののちゃんの才能をいち早く見抜き、育ててきたことは明らかです。

ののちゃんの母親は、ののちゃんが2歳の頃から絵本や童謡をたくさん読み聞かせていたそうです。

 

また、ののちゃんが歌うことが好きなことに気づき、ののちゃんを歌のレッスンに通わせました。

ののちゃんの母親は、ののちゃんが歌うことを楽しむことを第一に考え、

ののちゃんのペースに合わせて、ののちゃんの才能を伸ばすように育ててきたようです。

 

また、ののちゃんは、父親の影響で、野球やサッカーなどのスポーツも大好きだそうです。

ののちゃんの父親は、歌だけでなくさまざまなことに興味を持って、豊かな人間性を育んでいくことを願っているそうです。

 

このように、ののちゃんの育て方や家庭環境は、ののちゃんの才能を伸ばし、

その魅力を最大限に引き出すことにつながっていると言えるでしょう。

 

具体的な育て方や家庭環境については、ののちゃん本人や家族からの公表を待つしかありませんが、

ののちゃんの活躍から、その育て方や家庭環境のヒントが見えてくるかもしれません。

 

村方乃々佳(むらかたののか)が人気の理由

 

人気の理由は、ののちゃんの歌声が持つ以下の3つの要素にあると考えられる。

 

透き通るような高音

ののちゃんの歌声は、透き通るような高音が特徴である。その高音は、聴く人の心をすっと包み込み、癒してくれる。

 

力強く伸びやかな歌声

ののちゃんの歌声は、力強く伸びやかな歌声も特徴である。その歌声は、聴く人の心を元気にしてくれる。

 

愛らしい表情と身振り

ののちゃんの歌声は、愛らしい表情と身振りも相まって、さらに癒しの力を発揮している。

ののちゃんの歌声を聴きながら、その表情や身振りを見ると、思わず笑顔になってしまう。

 

 

 

ISE AD
おすすめの記事