池江璃花子の高校や大学はどこ?出身地や身長年齢などwikiプロフィール!

池江璃花子の出身校は

中学校

池江選手の出身中学校は、江戸川区立小岩第四中学校です

バタフライでは、その卓越した技術とスピードが注目を浴び、早くから将来の競泳界を担う選手と期待されていました。

 

中学生になると、池江選手はさらにレベルアップし、中学3年生の時には全国中学水泳大会で数々の記録を樹立しました。

この成功を皮切りに、彼女は日本代表として国際大会にも出場するようになり、オリンピック出場権も獲得しました。

初めてのオリンピック出場は2016年のリオデジャネイロで、この大会では経験を積むことが主な目標でしたが、若いながらも堂々としたパフォーマンスを見せました。

 

高校

池江璃花子の高校は、淑徳巣鴨高校です。

ここで池江選手は、競泳の訓練を本格的に始めました。

厳しいトレーニング環境の中で朝から晩まで水泳に打ち込み、その結果として競泳選手としてのスキルを飛躍的に向上させていきました。

 

淑徳巣鴨高校での訓練の成果は顕著で、高校2年生の時にはリオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得しました。

リオ五輪への挑戦は、池江璃花子選手にとって初のオリンピック出場という大きな目標でした。

リオデジャネイロオリンピックでは、女子50m自由形や100mバタフライなど複数種目に出場し、彼女の将来の可能性と才能を世界に示しました。

特にバタフライ種目では、トップクラスの選手と肩を並べて泳ぐ姿が印象的でした。

 

大学

当初、池江選手は日本大学スポーツ科学部へ進学し、2023年3月に卒業しました。。

池江璃花子選手は、高校3年生の時に白血病と診断され、白血病の治療に専念し、2020年8月に実戦復帰を果たしました。

 

2021年4月の日本選手権では100mバタフライで優勝し、東京オリンピック代表に内定しました。

その後、2022年4月にプロ所属を発表し、ヨコハマゴムに所属することになりました。

池江選手は当初大学進学を予定していましたが、白血病の治療に専念したため、大学進学は延期となりました。

その後、2021年の日本選手権で東京五輪代表に内定し、2022年にプロ所属を発表したのです

 

池江璃花子の出身地

池江璃花子選手は、東京都江戸川区で生まれ育ちました。

江戸川区は自然豊かな地域で、池江選手も幼少期からその恩恵を受け、さまざまな活動に参加していました。

 

池江璃花子選手が水泳を始めたのは幼少期のことです。

彼女は小学校時代から頭角を現し、各種ジュニア大会で優秀な成績を収めてきました。

特にバタフライでは、その卓越した技術とスピードが注目を浴び、早くから将来の競泳界を担う選手と期待されていました。

 

池江璃花子のプロフィール

プロフィール

名前;池江 璃花子 (いけえ りかこ)

生年月日: 2000年7月4日

年齢:24歳

出身地: 東京都江戸川区

身長: 158cm

体重: 47kg

血液型: A型

競技: 競泳 (自由形、バタフライ)

 

経歴

3歳から水泳を始め、5歳で4泳法すべてで50mを泳げるようになった

中学1年生時にジュニアオリンピックカップ春季大会で50m・100m自由形の短水路中学記録を更新し優勝

高校1年生のリオオリンピックで7種目に出場し100mバタフライで5位入賞

2017年の日本選手権で女子史上初の5冠を達成

2018年のアジア大会では史上初の6冠を達成し大会MVPに選出

2019年に白血病と診断されたが2020年8月に実戦復帰

2021年の日本選手権で4種目で優勝しオリンピック代表権を獲得

2022年杭州アジア競技大会では女子400mフリーリレーで銅メダル、女子50mバタフライで銅メダルを獲得

 

池江璃花子選手は素晴らしい実績を持つ水泳選手で、多くのファンが彼女の活躍を期待しています。

特に、彼女の復帰後のパフォーマンスは感動的で、パリ五輪でのメダル獲得に期待したいですね。

 

ISE AD
おすすめの記事