中村輪夢の出身校や経歴は?スポンサーや家族などパリ五輪BMX選手のwikiプロフィール!

2024年パリ五輪のBMXフリースタイル・パーク種目で日本代表に選ばれた中村輪夢選手(なかむらりむ)さんについて、

今回は、パリ五輪に出場するBMX選手の中村輪夢さんについてご紹介します。

中村輪夢選手は、BMXの世界で活躍する日本人選手の一人で、パリオリンピック金メダル候補です。

中村輪夢選手のスポンサーや出身校、家族などのプロフィールを見ていきましょう。

 

中村輪夢選手のプロフィール!

名前:中村 輪夢(なかむら りむ)

生年月日:2000年9月14日

年齢:23歳(2024年3月時点)

出身地:京都府京都市

身長:170cm

体重:62kg

血液型:B型

趣味:音楽鑑賞、ゲーム

好きな食べ物:カレー、ラーメン

嫌いな食べ物:トマト、ピーマン

特技:バックフリップ、テールウィップ

 

3歳からBMXを始めた中村輪夢選手は、中学生でプロに転向しました。

2019年には、ワールドカップの年間総合優勝を果たし、日本人初の快挙を成し遂げました。

 

2021年の東京五輪では、BMXフリースタイル・パーク種目が初めて正式種目として採用され、中村輪夢選手は日本代表として出場しました。

決勝では、高難度の技を次々と決めて高得点を獲得しましたが、惜しくも5位に終わりました。

 

しかし、中村輪夢選手はその悔しさをバネにして、2022年の世界選手権では、日本人として初めて優勝しました。

その際には、自身が考案した「中村スペシャル」という新技を披露し、審査員や観客を驚かせました。

 

中村輪夢選手は、パリ五輪に向けて、さらに新しい技やコンビネーションを練習しているそうです。

パリ五輪では、金メダルを狙える実力と人気を持つ選手です。

 

中村輪夢選手のスポンサーは?

中村輪夢選手のスポンサーは、以下の企業や団体です。

 

ウイングアーク1st

レッドブル

オークリー

VISA

G-SHOCK

ムラサキスポーツ

TOYOTA

Subrosabrand(BMX用品関係)

Jykkjapan(BMX用品関係)

HANG OUT(BMX用品関係)

bern(BMX用品関係)

 

 

ウイングアーク1stは、データ分析やビジネスインテリジェンスのソリューションを提供する企業です。

中村輪夢選手は、2018年から同社のアスリートサポートプログラムに参加しています。

 

同社は、中村輪夢選手の活動費や機材費を支援するだけでなく、データ分析やビジュアライゼーションの技術を活用して、

中村輪夢選手のパフォーマンスやコンディションの管理をサポートしています。

また、ウイングアーク1stが約4億円を投じて国内初の本格的施設「WingPark1st」を京都府宇治市にオープンしました。

 

・Subrosabrand:BMXのフレームやパーツ、アパレルなどを製造・販売。

 中村輪夢選手はSubrosabrandのチームライダーとして所属。

・Jykkjapan:BMXやSnowscootなどのアクションスポーツの輸入・販売・企画。

 中村輪夢選手はJykkjapanのサポートライダーとして活動。

・HANG OUT:BMXやSnowscootなどのアクションスポーツの専門店。

 中村輪夢選手はHANG OUTのサポートライダーとして活動。

・bern:BMXやスケートボードなどのアクションスポーツに適したヘルメットやアクセサリーを提供 。

中村輪夢選手はbernのヘルメットを愛用。

 

また、日本自転車競技連盟は自転車競技の国内統括団体で、中村輪夢選手は同連盟の登録選手として、国内外の大会に出場しています。

同連盟は、中村輪夢選手の競技活動や育成を支援するだけでなく、中村輪夢選手の活躍を通して、自転車競技の普及や発展に貢献しています。

 

中村輪夢選手の出身校は?

  

 

中村輪夢選手の出身校は、以下の通りです。

 

小学:京都市立西陣小学校

中学:京都市立西京極中学校

高校:京都つくば開成高校

大学:環太平洋大学

 

中村輪夢選手は、小学校から中学校まで、京都市立西陣小学校と京都市立西陣中学校に通っていました。

この頃から、BMXに熱中していた中村輪夢選手は、放課後や休日には、近くの公園やスケートパークで練習に励んでいました。

 

2015年、中学2年生の時に、BMXの本場アメリカで行われたRECON TOURの13〜15歳クラスで優勝し、このクラスでの世界一となっています。

 

大学に進学する際には、中村輪夢選手はBMXのプロとして活動するために、通信制の環太平洋大学を選択して進学しています。

 

中村輪夢選手は学生の時から数々の大会で優勝をし、BMXの本場アメリカでも、「世代最強ライダー」として知られるようになりました。

 

その影響もあって、所属契約するウイングアーク1stが約4億円を投じて国内初の本格的施設「WingPark1st」を京都府宇治市にオープンしました。

中村輪夢選手は動作解析用の9台のカメラなどを装備した世界初のハイテク練習場でトリックを磨き、パリオリンピック初代金メダリストの座を目指します。

 

それまで日本にはほとんど練習場がなく、海外に行くことが多かった彼にとって大きなアドバンテージになることでしょう!

 

中村輪夢選手の家族

中村輪夢選手の家族は、両親とお姉さんの4人家族です。

父:中村辰司

母:中村麻美

姉:中村百果

 

お姉さんは目がパッチリしていてとても可愛らしい方ですね。

 

父親は中村辰司さんで、元BMXライダーでした。

現在は京都市内でBMX専門ショップ「HANGOUT(ハングアウト)」を経営されています。

お父さんはマシンのメカニック担当をしていて、練習や大会では中村輪夢選手のバックアップをしているようです。

 

 

まとめ

今回は、パリ五輪に出場するBMX選手の中村輪夢選手についてご紹介しました。

中村輪夢選手は、BMXの世界で活躍する日本人選手の一人です。

 

中村輪夢選手、圧倒的な技術と明るい性格で、多くの人の注目を集めています。

パリオリンピックでは金メダル獲得に期待しましょう!

ISE AD
おすすめの記事