藤原さくらの活動休止理由と病名は?

理由と病名

シンガー・ソングライターの藤原さくらさんは、耳と喉の不調を理由に歌唱活動やライブ活動を中止すると公式サイトで発表しました。

藤原さくらさんは、4年前から耳管開放症という病気に悩まされており、そのため発声が困難になることがあります。

この状況を受け、彼女は7月6日に予定されていたライブの出演をキャンセルし、今後の歌唱活動を一時休止することを決断しました。

所属事務所のアミューズも回復に努めるとコメントしています。

 

藤原さくらの復帰時期は?

藤原さくらさんは、インスタグラムでもファンに向けて自身の決断についてコメントを寄せました。

「耳と喉の不調が続いていて、みんなに見てもらえるように休もうかなという感じです」と述べ、

ファンに対する感謝の気持ちとともに、自身の健康を優先する決意を伝えました。

 

また、藤原さくらさんは来年の10周年に向けて活動を再開する意欲も示しており、ファンにとっては楽しみなニュースでもあります。

藤原さくらさんのこの勇気ある決断を、ファンたちは温かく見守っています。

 

耳と喉の不調の詳細

過去からの症状

藤原さくらさんは、過去4年間にわたり耳と喉の不調に悩まされてきました。

特に耳管開放症という病気が原因で、日常の歌唱やライブ活動に大きな影響を受けてきたのです。

この病気は、耳管が常に開いている状態となり、歌唱時に自分の声が耳にこもってしまうという困難な症状が特徴です。

これにより、藤原さんは発声が難しくなり、音楽活動を続ける上で大きなハードルとなっていました。

 

「結構難儀な病気」の告白

 藤原さくらさんは、この耳管開放症について自身のラジオ番組「HERE COMES THE MOON」で

「結構難儀な病気」と表現し、視聴者に対して赤裸々に告白しました。

彼女は「みんなに見てもらえるように、休もうかなという感じです」と語り、ファンや関係者に対して深く謝意を示しました。

この発言からも、藤原さんがどれだけ耳や喉の不調に苦しんでいたかが伺えます。

活動休止の理由については、これまでの音楽活動への情熱を取り戻すため、そして何よりも健康を第一に考えた決断であることが明らかになっています。

 

活動休止中の藤原さくらの現状

「HERE COMES THE MOON」での発言

 藤原さくらは「HERE COMES THE MOON」という番組で、現在の状態について語りました。

耳と喉の不調により音楽活動やライブを休止している彼女は、今後の見通しについて「みんなに見てもらえるように、しっかりと休養を取ろうと思います」とコメントしています。

彼女がどれだけファンを大切に思っているか、強い意志を感じさせます。

今後の活動予定と復帰時期

 藤原さくらの活動休止の期間が「いつまで」と具体的に明言されていませんが、彼女は来年の10周年を見据えて活動を再開する意欲を示しています

所属事務所のアミューズも「回復に努めていく」とコメントしており、藤原の復帰を待ち望むファンにとっても希望を持てる状況です。

また、レギュラー出演しているラジオ番組やポッドキャストは継続される予定ですので、

「何するの?」と思われる方も引き続き彼女の声を楽しむことができます。

 

まとめ

藤原さくらさんは耳管開放症という病気が原因で活動を休止します。

4年前から耳管開放症なり、発声がうまくできなくなってきているようです。

復帰時期については、来年の10周年イベントには復帰をしたいと述べています。

活動休止中は、レギュラー出演しているラジオ番組やポッドキャストに引き続き出演する予定。

ISE AD
おすすめの記事