宮崎早織の高校や大学は?出身地や身長年齢などwikiプロフィール!

宮崎早織の高校は大学は?

聖カタリナ女子高校

宮崎早織選手は、聖カタリナ女子高校に進学しました。

高校時代には、インターハイとウィンターカップでの準優勝や3位入賞など、素晴らしい成績を収めています。

これらの成果は、彼女の才能と努力の賜物であり、この時期に得た経験が後のプロキャリアに大きく影響しました。

聖カタリナ女子高校での宮崎選手は、世代別の日本代表としても活躍し、その名を広めました。

 

白鴎大学

宮崎早織選手は、高校卒業後、白鴎大学に進学しました。

大学でも彼女の活躍は続き、数々の大会で好成績を収めました。

特に、その俊敏なプレースタイルと優れたゲームメイク力でチームを引っ張り、多くの観客やファンを魅了しました。

大学時代の経験は、彼女自身の成長だけでなく、将来のプロキャリアの基礎を築く重要な期間となりました。

 

バスケットボールを始めたきっかけ

宮崎早織選手がバスケットボールを始めたきっかけは、姉の影響によるものです。

宮崎選手は最初、水泳教室に行くのが嫌だったため、姉がやっていたバスケ教室について行ったのが始まりでした。

それ以来、バスケットボールに夢中になり、その魅力に引き込まれていきました。

このように、家族の影響が彼女のバスケキャリアのスタートを切るきっかけとなりました。

 

プロキャリアと所属チーム

2014年、宮崎早織選手はJXサンフラワーズ(現ENEOSサンフラワーズ)に加入し、プロとしてのキャリアをスタートさせました。

プロとしての彼女は、スピードとディフェンス力を兼ね備えたポイントガードとして多くの試合で活躍しています。

所属チームは彼女の才能を最大限に引き出し、彼女自身もチームの重要な一員として貢献しています。

 

日本代表としての功績

 宮崎早織選手は、日本代表としても多くの功績を残しています。特に、2021年の東京オリンピックでは銀メダルを獲得し、FIBA女子アジアカップでは優勝を果たし、大会アシスト王とベスト5に選出されました。これらの実績は、彼女の才能と努力が結実したものであり、日本バスケットボール界における重要な存在であることを裏付けています。

 

宮崎早織の出身地

埼玉県川越市

宮崎早織選手の出身地である埼玉県川越市は「小江戸」として知られ、歴史と文化が息づく美しい街です。

川越市は江戸時代の商家や蔵造りの街並みが保存されており、観光地として非常に人気があります。

特に有名な「一番街」は、江戸時代の風情を感じさせる町並みが続き、四季折々のイベントが行われています。

 

川越市での幼少期

宮崎早織選手は川越市で幼少期を過ごしました

川越市立南古谷小学校からバスケットボールを始め、その後さいたま市立与野東中学校に進みました。

幼少期からバスケットボールに親しんだ彼女ですが、それは姉の影響が大きかったとのことです。

最初は水泳教室に行くことが嫌で始めたバスケでしたが、次第にその魅力に引き込まれていきました。

また、川越市での生活は、豊かな自然と歴史的な景観に囲まれた環境で、宮崎選手が成長する中で大切な経験を積む場となりました。

地元での経験が彼女の人間性やバスケットボール選手としての基盤を築く上で大いに役立ったと思われます。

 

宮崎早織の身長や年齢などプロフィール

名前: 宮崎 早織(みやざき さおり)

ニックネーム: ユラ

ポジション: ポイントガード

身長: 167cm

体重: 56kg

生年月日: 1995年8月27日

年齢:29歳(2024/07時点)

出身地: 埼玉県

血液型: A型

足のサイズ: 25.5cm

 

宮崎早織の家族は

宮崎早織選手の家族構成には、両親と妹がいます。

特に、彼女がバスケットボールを始めたきっかけは姉の影響が大きいと言われています。

幼少期から姉のプレーを見て、その後自身もバスケに興味を持つようになりました。

ISE AD
おすすめの記事