古賀紗理那の出身校は?

中学校

古賀紗理那選手の中学校時代は、その後のバレーボールキャリアを築く大きな転機となりました。

地元熊本県菊池郡大津町で育った彼女は、当時から好成績を収め、地元の中学のバレーボール部で活躍しました。

強豪校である熊本信愛女学院高校への進学を目指し、中学時代から努力を重ねたことで知られています。

 

熊本信愛女学院高校

古賀紗理那選手は熊本信愛女学院高校でその才能をさらに開花させました。

この高校はバレーボールの名門校としても知られており、多くの優秀な選手を輩出しています。

彼女が在学中には、全国大会にも出場し、数々の輝かしい成果を残しました。

特にインターハイでは、エースとしてチームを牽引し、その名を全国に広めました。

熊本信愛女学院高校は、古賀選手のバレーボール経歴において重要なステップとなりました。

 

大学

高校卒業後、古賀紗理那選手は大学には進学せず、NECレッドロケッツに入団しています。

プロのバレーボール選手として活動を開始し、日本代表メンバーにも選出されるなど、その実力を世界に示しました。

現在ではキャプテンとしてチームをリードし、パリオリンピックを目指して日々鍛錬を重ねています。

 

古賀紗理那の出身地は?

熊本県菊池郡大津町に

古賀紗理那選手の出身地である熊本県菊池郡大津町は、美しい自然と温かい人々が魅力の町です。

この地域は、豊かな歴史や文化に恵まれ、古くから農業や地元産業が盛んな場所です。

また、大津町は熊本市と阿蘇市の中間に位置しており、交通の便も良いため、観光地としても人気があります。

温泉も多く、その中でも有名な大津温泉は多くの観光客や地元の人々に親しまれています。

 

出身地と古賀紗理那の関係

大津町は、古賀紗理那選手にとって心の故郷であり、彼女の人格形成に大きな影響を与えた場所でもあります。

小さい頃からバレーボールに打ち込んでいた古賀選手は、地元の中学校や熊本信愛女学院高校でその才能を開花させました。

また、大津町の自然豊かな環境で育ったことで、彼女は心身共に健やかに成長してきました。

地元の人々からも大きな支持を受け、全国的に知名度の高いバレーボール選手として活躍しています。

出身地の支えがあったからこそ、古賀紗理那選手は現在の成功を掴むことができたのです。

 

古賀紗理那のプロフィール

生年月日と身長

名前: 古賀 紗理那(こがさりな)

生年月日: 1996年5月21日

年齢:28歳

身長: 180cm

体重:67kg

靴のサイズ:27cm

出身地: 熊本県菊池郡大津町

血液型: B型

所属チーム: NECレッドロケッツ

 

現在の身長は180cmで、バレーボール選手として非常に恵まれた体格を持っています。

日本代表の選手として、彼女の身長はエースとしてのポジションやプレースタイルにおいて大きな利点となっています。

 

ポジションと所属チーム

古賀紗理那選手はキャプテンとして日本代表チームを牽引しており、主にアウトサイドヒッターのポジションでプレーしています。

このポジションは攻撃と守備の両方をこなす重要な役割を果たします。

彼女の所属チームはNECレッドロケッツで、国内リーグでもその実力を発揮して多くのファンを魅了しています。

 

古賀紗理那の経歴

熊本県大津町出身

小学2年生からバレーボールを始める

中学時代に全日本中学校バレーボール選手権大会で3位入賞

高校時代にアジアユース選手権でMVPとベストスコアラーを受賞し、日本代表に選出される

Vリーグのチーム「NECレッドロケッツ」に所属

2015年のワールドカップで優秀な成績を収める

2020年の東京オリンピックに出場

日本代表のエースとして活躍し、チームを鼓舞するリーダーシップを発揮

2023-24シーズンは優勝を目指す意気込みを持っている

パリオリンピック代表選手で、キャプテンとしてチームを牽引

 

ISE AD
おすすめの記事