田内誠悟の中学や高校はどこ?出身地や経歴などwikiプロフィール!

元フィギュアスケーターの安藤美姫(36)とその教え子で16歳のフィギュア選手の田内誠悟が6月22日、手つなぎデートに興じる様子を週刊文春が報じて話題となっています。

田内誠悟選手はまだ16歳にもかかわらず、フィギュアスケートで輝かしい成績を残していて、オリンピック選手の候補となっています。

そんな田内誠悟選手の経歴や中学や高校について気になりますね。

今回は、田内誠悟選手の経歴や出身校について調べたのでご覧ください!

 

田内誠悟の出身校は?

小学校

田内誠悟選手の小学校については、具体的な情報が公開されていませんが、彼の故郷である三重県鈴鹿市で初等教育を受けたと推測されます。

フィギュアスケートを始めたのは6歳の頃で、その頃から彼の技術と才能は注目されていました。

若くして競技に専念できる環境が整えられていたことが、彼の成功への第一歩となりました。

 

中学校

田内誠悟選手の中学校は名古屋市城山中学校です。

中学校時代も彼のフィギュアスケート活動は続き、多くの大会で好成績を収めました。

2023年には全国中学校スケート大会で優勝を果たし、その実力を全国に示しました。

学校生活と競技生活の両立は大変だったことでしょうが、彼の努力と周囲のサポートがあったからこそ成し遂げられたことでしょう。

 

高校

田内誠悟選手は中京大学付属中京高等学校に通っています。

この学校はフィギュアスケートをはじめとするスポーツの強豪校として知られ、多くのオリンピック選手を輩出しています。

安藤美姫さんもこの学校の出身であり、田内選手にとって非常に意義深い場所です。競技と学業を両立させながら、更なる高みを目指して努力を続けていることでしょう。

 

田内誠悟の経歴は?

フィギュアスケートを始めた経緯

田内誠悟選手がフィギュアスケートを始めたのは、まだ6歳の頃でした。

その年齢で始めたきっかけは、テレビでフィギュアスケートの大会を見て感動し、自らも挑戦したいと思ったことが大きな理由だと言われています。

 

初めは遊び感覚で始めたものの、その才能はすぐに開花し、練習を重ねるごとに技術が向上していきました。

フィギュアスケートを通じて、彼は自己表現の楽しさと勝負の厳しさを学びながら成長していきました。

 

主な成績

田内誠悟選手は2015年にフィギュアスケートを始めてから様々な大会で輝かしい成績を収めてきました。

2018年には全日本ノービスBで2位、2020年には全日本ノービスAでも2位に輝いています。

さらに2023年には全国中学校スケート大会で優勝を果たし、その実力は全国的に認められることとなりました。

これらの成績は、彼がいかに努力して技術を高めてきたかを物語っています。

 

オリンピック候補としての期待

数々の大会で優れた成績を収めている田内誠悟選手は、未来のオリンピック選手として大いに期待されています。

特に現在のコーチである安藤美姫さんの指導もあり、さらに高い技術と競技者としての精神を養っています。

今後の成長次第では、オリンピックの舞台で活躍することが十分に見込まれており、多くのファンや関係者がその日を待ち望んでいます。

田内選手の努力と才能が実を結び、新たな歴史を刻むことを期待せずにはいられません。

 

田内誠悟のプロフィール!

田内誠悟のプロフィールは下記の通りになります。

名前:田内誠悟(たうち せいご)

生年月日:2008年5月7日

年齢:16歳(2024年6月現在)

出身地:三重県鈴鹿市

居住地:愛知県名古屋市

身長:173cm

所属クラブ:富士FC

 

田内誠悟選手の身長は173cmで、フィギュアスケートの選手としては恵まれた体格を持ち、彼の演技におけるジャンプやスピンのダイナミックさを支えています。

また、手足が長いことで演技の見栄えが一層良くなり、彼の魅力をさらに引き立てています。

まだ16歳にして、ここまでの成績を残しているので、今後の世界大会やオリンピックで活躍されることを期待したいですね。

 

 

ISE AD
おすすめの記事