大谷翔平の新居はどこ?衛星写真・住所・値段・間取り・内装・広さなどをwiki調査!

大谷翔平の新居の衛星写真と住所!

 大谷翔平選手の新居は、ロサンゼルスの高級住宅地であるラ・カニャーダ・フリントリッジエリアに位置しています。

この場所は、ドジャースタジアムからも近いため、彼の練習や試合に非常に便利です。

 

大谷翔平の新居の価格は?

新居の購入価格は785万ドル、つまり日本円にして約12億円以上となっており、豪華な物件です。

購入金額が多くのメディアによって報じられ、大谷選手の収入や投資にも大きな注目が集まっています。

 

大谷翔平の新居の間取りや広さは?

新居の敷地面積と建物の広さについても、驚きを隠せません。

敷地は広大であり、物件自体は3階建てで、その広さは約206坪に達します。

メジャーリーグで二刀流として活躍する大谷選手にとって、リラックスできる環境が整った新築の自宅です。

新居には複数の部屋や設備が充実しており、ダイニングやリビングも広々としているのが特徴です。

これらの要素が、大谷選手の新生活をさらに豊かにすると期待されています。

 

大谷翔平の新居の詳細は?

内部の設備

内部はモダンなデザインで統一されており、最新の設備が揃っています。

リビングルームは広く、家族や友人とリラックスするのに最適です。

さらに、大きな窓からは美しい景色が一望でき、自然光がふんだんに差し込む設計となっています。

 

プライベートシアターとジム

大谷翔平の新居には、プライベートシアターが完備されています。

このシアタールームは最新の視聴設備を備えており、映画やスポーツ観戦を楽しむことができます。

トレーニングジムも備わっており、大谷選手の二刀流のトレーニングに役立つことでしょう。

ここでのトレーニングは、メジャーリーグでの活躍をさらにサポートするものとなります。

 

サウナとバスケットボールコート

リラックスのために、この豪邸にはサウナも設置されています。

練習の後や試合の疲れを癒すのに最適な設備です。

また、バスケットボールコートも完備されており、プライベートな空間での運動が楽しめます。

同僚のムーキー・ベッツ選手などともバスケットボールを楽しむことができるため、より一層のコミュニケーションが図れる場ともなるでしょう。

 

ベッドルームとバスルームの数

大谷翔平選手の豪邸には、5つの寝室があります。

これにより、家族やゲストが訪れた際にも十分なスペースを提供できます。

そして、バスルームも複数あり、快適な生活空間を実現しています。

寝室は広々としており、各室には専用のバスルームが設けられていますので、プライバシーも保たれています。

 

近隣環境

 

高級住宅地の魅力

 大谷翔平選手が新居を構えたラ・カニャーダ・フリントリッジエリアは、ロサンゼルスでも特に高級住宅地として知られています。

このエリアは静かで緑豊かな環境が特徴で、広々とした敷地と美しい景観を持つ豪邸が立ち並んでいます。

大谷選手の自宅も、約206坪の広さを誇り、豪華な設備が整っています。

プライバシーが確保されているため、有名人やセレブリティが多く住んでいることでも有名です。

 

交通アクセス

 ラ・カニャーダ・フリントリッジエリアは交通アクセスも非常に便利です。

ドジャーススタジアムから車で短時間でアクセスできるため、大谷翔平選手にとっても非常に利便性が高い場所です。

また、主要な高速道路にも近く、ロサンゼルスの市街地や空港への移動もスムーズに行えます。

これにより、試合や練習へのストレスなく集中できる環境が整っています。

周辺の住民とセレブリティ

このエリアには大谷翔平選手以外にも多くの著名人やセレブリティが暮らしています。

同僚のムーキー・ベッツ選手も近隣に豪邸を所有しており、アメリカのメジャーリーグ選手たちがこの地域に魅力を感じていることがわかります。

また、以前の所有者であるコメディアンのアダム・カローラさんをはじめ、エンターテインメント業界の著名人も多く住んでいます。

高級住宅地としてのステータスと安全な生活環境が、多くのセレブリティに支持されている理由の一つです。

 

豪邸の購入理由

大谷翔平の生活スタイル

 大谷翔平選手がロサンゼルスの高級住宅地、ラ・カニャーダ・フリントリッジエリアに豪邸を購入した背景には、彼の生活スタイルが大きく影響しています。

新居の広さや価格も注目を集めている中、特にリビングやキッチンの広々とした空間は、大谷選手がリラックスして過ごせる場として最適です。

また、メジャーリーグで活躍する彼の日々のトレーニングには欠かせないプライベートジムやサウナも完備されており、健康状態を万全に保つための設備が整っています。

この新築の豪邸によって、プライベートな空間でしっかりとリフレッシュし、二刀流選手としてのパフォーマンスを継続するための最適な環境が提供されているのです。

 

チームメイトとの関係

 大谷翔平選手の新居の場所がドジャーススタジアムの近くであることは、チームメイトとの関係にもプラスの影響を与えると考えられます。

例えば、同じチームのムーキー・ベッツ選手も近くに豪邸を所有しており、共に過ごす時間が増えることでチームの連携や絆をさらに深めることが期待されます。

メジャーリーグでトップクラスの選手たちは、互いの家に集まりプライベートな時間を共有することで、次の試合に向けての戦略や意見交換を行う機会が増えるのです。

このような豪華な設備が整った自宅では、リラックスしながらも集中してチームメイトとコミュニケーションを深めることができます。

大谷選手にとって、この豪邸は単なる住居以上の価値を持ち、彼の今後のキャリアにおいて重要な役割を果たす場所となるでしょう。

 

まとめ

大谷翔平選手がロサンゼルスの高級住宅地ラ・カニャーダ・フリントリッジエリア新居を購入しました。

新居の価格は12億円で、3階建で206坪の大豪邸です。

リビング、プライベートシアター、ジム、サウナ、バスケットボールコートなど、徹底した設備は彼の体調管理やリラクゼーションに最適です。

新居購入後の、今後のさらなる活躍に来たいですね。

ISE AD
おすすめの記事