大正製薬の広告が鬼すぎて気持ち悪い?画像や理由内容などwiki調査!

大正製薬の広告の画像や内容は

 

リポビタンDの電車内広告

 大正製薬が販売する栄養ドリンク剤、リポビタンDの電車内広告が現在、物議をかもしています。

この広告は、男女それぞれのタレントが出演しており、それぞれ別のキャッチコピーが使われている点が特徴です。

問題の広告は、東京都内の電車内を中心に掲出され、その内容が性差別的だと感じられるとして、多くの批判を浴びているのです。

 

広告の具体的な表現

 特に女性タレントのバージョンでは、「仕事、育児、家事。3人自分が欲しくないですか?」というコピーが使用されており、この表現がジェンダー問題として注目を集めました。

一方で、男性タレントが登場するバージョンでは、「時代が変わると疲れも変わりますからね」という、より一般的であり性別に関係ない表現が使われています。

この性別による非対称性が多くの視聴者に「気持ち悪い」や「鬼すぎる」と感じられ、特に女性に対して過剰な負担を押し付けていると批判されているのです。

 SNS上でもこの「性差別的」な広告が話題となり、Yahoo!ニュースなどの主要メディアでも取り上げられました。

これに対して、大正製薬は公式なコメントを避けていますが、一部ではこの広告の炎上に対する疑問の声も上がっています。

 

ジェンダー問題の背景

ジェンダー問題は現代社会において非常にセンシティブであり、広告1つが大炎上する原因となり得ます。

特に企業広告においては、男女の非対称性が浮き彫りになることが多く、これが物議をかもす一因となります。

以下では、共働きが主流となっている現代社会と、男女間の非対称性について詳しく解説します。

 

共働きが主流の現代

近年、共働き家庭が増加しており、男女ともに仕事と家庭の両立が求められる時代になっています。

特に日本においては、家計を支えるために夫婦の両方が働く必要がある家庭が増えているのが現状です。

大正製薬のリポビタンDの広告が物議をかもした背景には、こうした現代社会の状況が深く関連していると言えます。

 

しかしながら、依然として「家事は女性が担当するべき」という古い価値観が残っており、これがジェンダー問題を引き起こす要因となっています。

例えば、女性タレントの広告に「仕事、育児、家事。3人自分が欲しくないですか?」というコピーが使われたことは、

女性に過剰な負担を押し付けるものであり、これに対する反感が「気持ち悪い」や「鬼すぎる」といった批判を生む結果となりました。

 

男女の非対称性

男女の非対称性は、広告がジェンダー問題で炎上する一因として重要です。

今回の大正製薬のリポビタンDの広告でも、男性タレントの広告に使われた「時代が変わると疲れも変わりますからね」というコピーに対し、

女性タレントの広告のコピーが性差別と受け止められる表現となってしまいました。

 

このように男女で異なるメッセージを発信することは、非対称性を強調し、性差別問題を浮き彫りにする結果となります。

SNS上では、「Yahoo!ニュース」などでこの非対称性が取り上げられ、「鬼すぎる」といった厳しい声が寄せられました。

他方で、一部のユーザーからは「時代を理解していない」として批判もありましたが、企業の広告がジェンダー問題に敏感である必要性を改めて認識させられる機会となりました。

 

大正製薬の広告についてSNSでの反応

批判の声

今回の大正製薬のリポビタンDの広告に対して、SNS上では多くの批判の声が上がりました。

特に注目されたのは、女性タレントのバージョンに使われた「仕事、育児、家事。3人自分が欲しくないですか?」というコピーです。

この広告は、女性に対して過剰な負担を押し付けていると感じられ、性差別的だという意見が多数寄せられました。

ユーザーからは「これは気持ち悪い」「鬼すぎる」「ジェンダーの非対称性が問題」といったコメントが目立ち、Yahoo!ニュースなどのメディアでも取り上げられ、一層物議を醸しました。

 

賛成の声

一方で、賛成の声も存在しています。

大正製薬のリポビタンDの広告に対して、特定の文言や表現を「現実を表しているに過ぎない」と受け止める人々もいます。

「時代が変わっても、疲れや負担が存在することは変わらない」という視点から、広告によって現代社会の実態が反映されていると捉えているようです。

また、批判が過剰だという意見も一部では見られ、炎上を疑問視する声もあります。

これらの意見は、今後の性差別問題やジェンダーの非対称性について、さらに深い議論を促す一助となることでしょう。

 

ジェンダー観の変化と企業広告

ジェンダー平等への期待

 近年、ジェンダー平等に対する社会の期待が高まっています。

特に広告においては、性別に対する固定観念やステレオタイプを排除することが求められています。

大正製薬のリポビタンDの広告が物議をかもした背景にも、こうしたジェンダー観の変化があります。

が多くの役割を担わされる一方で、男性の広告では異なるメッセージが伝えられることが「性差別」と感じられるのです。

このような非対称性に対する批判は、ますます強まる傾向にあります。

 

今後の広告戦略

今後、企業が広告戦略を練る際には、ジェンダー平等を意識することが重要になります。

たとえば、大正製薬が再び物議をかもさないためには、性別に依存しないメッセージの発信が求められます。

広告が「気持ち悪い」や「鬼すぎる」と感じられることのないように、企業はより丁寧に社会のジェンダー観を考慮すべきです。

ISE AD
おすすめの記事