藤井貴彦が日本テレビを退職?フリー転身理由や奥様(嫁)の反応や今後の活動は?

日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(52)が退局することが18日発表された。

詳細な退職の理由や時期は分からないとしたが、時期については「現在、担当する報道番組を卒業する3月末ではないか」とされている。

今後はフリーアナウンサーとして活動ことになります。

今回は藤井アナが退職する理由と、奥様の反応や今後どのように活動していくか調査してみました。

 

藤井貴彦が日本テレビを退職する理由は?

 

今のところ退職する理由は公開されていません。

 

藤井貴彦は23年12月16日放送の『世界一受けたい授業』にゲスト出演した際、

22年に宅建(宅地建物取引士)の資格を取得したことを明かし、「何があるか分かりませんから」と説明していた。

宅建の資格取得当時から新たな生き方を意識していた可能性があるとした。

 

藤井貴彦と同期の羽鳥慎一は下記のように発言しています。

「12月3日が(藤井アナの)誕生日で、たまたまその日、同じ番組に出てまして、

会っちゃったから誕生日プレゼントを。

会っちゃったから。

そしたらもらっちゃったから大事なこと一個教えてあげるって」と、フリー転身を打ち明けられたという。

同期という仲なので、事前に報告していたようですね。

 

藤井貴彦がフリーアナウンサーに転身した理由は以下の2つが考えられます。

  • さらなる活躍の場を求めて

日本テレビに1994年に入社し、30年間にわたってアナウンサーとして活躍してきました。

しかし、藤井アナウンサーは、さらなる活躍の場を求めて、フリーアナウンサーへの転身を決意したと考えられます。

フリーアナウンサーであれば、テレビ局の垣根を超えて、さまざまな番組に出演することができます。

また、自身のプロデュース力を活かして、オリジナル番組を企画・制作することも可能です。

 

  • 独立志向が強かった

学生時代から独立志向が強かったと言われています。

宅建(宅地建物取引士)の資格を取得したこと。

2024年1月18日放送の『news every.』で、フリー転身を発表する際に、「自分の力でやっていきたい」と語りました。

この発言からも、独立志向が強かったことがうかがえます。

 

藤井貴彦の奥様(嫁)の考えは?

藤井貴彦アナには2003年3月に結婚した奥さんとお子さんが1人います。

奥さんもお子さんも一般人のため、名前や顔画像、馴れ初めは公開されていません

 

2024年4月からは高校1年生になります。

高校から大学にかけては教育費がかかり、良い教育を受けさせるために、奥様もフリー転身は賛成されたのではないでしょうか?

 

フリーアナウンサーの給料は、仕事量や人気度によって大きく異なりますが、人気のあるフリーアナであれば、

1回のテレビ出演で100万円以上のギャラをもらうこともあります。

また、講演やイベント出演などの仕事もこなすことで、さらに収入を増やすことができます。

 

ISE AD
おすすめの記事