内野貴史のポジションはどこ?身長やサッカー日本代表前の成績などwikiプロフィール!

内野貴史のポジションとプレースタイル

ディフェンダーとしての特徴

 内野貴史は主にディフェンダーとして活躍していますが、その中でも特にサイドバック(RB/LB)としての役割を担っています。

彼の身長は177cmで、体重64kgと軽量ですが、それを補うべく非常に機敏で素早い動きを見せます。

内野は両サイドからの攻撃を抑えるスピードと、堅固なディフェンス能力が特徴です。

1対1のディフェンスに強く、敵の突破を阻止する力があります。

 

プレースタイルの詳細

 内野貴史のプレースタイルは、攻守のバランスが取れたオールラウンダータイプです。

彼は攻撃に転じるときも積極的に前線に上がり、クロスを供給する役割を果たします。

特にサイドライン際でのプレーが得意で、相手のディフェンスを崩すためのドリブルや、正確なクロスを得意としています。

一方で、守備面では相手の速攻を防ぐための迅速な戻りや、絶妙なタックルで相手の攻撃を阻止する力も備えています。

 

左足と右足の使い分け

 内野貴史は両足を使いこなすことができるのも特徴の一つです。

このため、彼は左右どちらのサイドバックとしてもプレーすることが可能です。

右足は正確なロングパスやクロスに適しており、攻撃を組み立てる際に多用されます。

一方、左足はディフェンス時や逆サイドへのパスを繋ぐ際に使われることが多く、この両足使い分けの巧妙さが彼のプレースタイルを一層引き立てています。

 

内野貴史のプロフィール

名前: 内野 貴史(うちの たかし)

生年月日: 2001年3月7日

出身地: 千葉県

所属クラブ: フォルトゥナ・デュッセルドルフ(ドイツ2部)

ポジション: ディフェンダー

身長: 177cm

体重: 64kg

 

内野貴史(ウチノ タカシ)は千葉県出身のサッカー選手です。

生年月日は2001年3月7日で、2023年現在で23歳です。身長は177cm、体重は64kgと、サッカー選手としては比較的平均的な体格を持ちます。

ポジションはディフェンダー(RB/LB)で、主に右サイドバックや左サイドバックとしてプレーしています。

 

経歴

内野貴史のサッカー経歴は新松戸SCからスタートしました。

その後、柏レイソルやジェフ千葉といった強豪クラブで経験を積み、ドイツのデューレン、アレマニア・アーヘンと渡り歩きました。

2022年10月25日には、フォルトゥナ・デュッセルドルフとプロ契約を果たしました。

国内リーグでの成績としては、2020-2021シーズンにアレマニア・アーヘンで35試合出場(0得点)、

2021-2022シーズンにデュッセルドルフで22試合出場(1得点)、デュッセルドルフIIで37試合出場(0得点)という成績を残しています。

 

彼はU-21日本代表にも選ばれており、パリ五輪U-23日本代表としての活躍も期待されています。

これまでのクラブと代表での成績を元に、サッカー日本代表へのさらなる飛躍が期待される選手です。

 

成績と評価

クラブでの成績

 内野貴史選手は、これまでに複数のクラブで活躍してきました。

その中でも特に注目すべきは、アレマニア・アーヘンでの2020-2021シーズンです。

このシーズンでは35試合に出場し、チームのディフェンスラインを支える重要な選手となりました。

続く2021-2022シーズンからは、フォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍し、22試合に出場して1得点を記録しました。

その後、デュッセルドルフIIでも37試合に出場し、成長し続ける姿勢を見せました。

 

代表での成績

 内野選手は、U-21日本代表の一員としても活躍しています。

2022年には、U-21日本代表入りを果たし、国際舞台での経験を積んでいます。

また、将来的にはパリ五輪でのU-23日本代表入りも予定されており、その活躍が期待されています。

彼のプレーは、日本代表のディフェンス力を一層高めることでしょう。

 

評価とランキング

 内野貴史選手の評価は非常に高く、特に守備力とメンタルの強さが評価されています。

彼の成績から見ても分かるように、リーグ戦や代表戦での安定したパフォーマンスは、多くのファンや評論家に支持されています。

また、身長177cmとディフェンダーとしては標準的な高さながら、その分スピードと機敏さを兼ね備えています。

これが試合中のパフォーマンスにプラスとして働き、他選手との差を生む要因となっています。

ISE AD
おすすめの記事