住岡佑樹アナは野球部監督?東大卒の日テレZIPアナのwiki経歴を調査!

さわやか笑顔で視聴者を魅了!日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」で活躍中の住岡佑樹アナウンサー。

2023年4月に日テレに入社したばかりの新人アナウンサーですが、その端正なルックスと落ち着きのある話しぶりで早くも人気を集めています。

実は、住岡アナウンサーは東京大学卒の才子であり、大学時代には野球部の監督を務めていたという異色の経歴の持ち主!

今回は、そんな住岡アナウンサーの経歴や人物像について詳しく掘り下げていきます。

 

住岡佑樹アナは野球部監督だった?

小学2年生から大学卒業まで、15年間も野球を続けていたそうです。

 

大学進学後は、東京大学教育学部に進学。

大学時代は軟式野球部で選手兼監督を務め、スクワット200キロを上げる太ももの筋力を誇っています12.

 

野球を通して培ったリーダーシップやコミュニケーション能力は、アナウンサーの仕事にも活かされています。

大学卒業後は日本テレビに入社し、朝の情報番組「ZIP!」の水曜フィールドキャスターとして活躍中。

 

 

 

住岡佑樹アナの高校、大学やプロフィールは?

名前: 住岡佑樹(すみおか ゆうき)

生年月日: 1999年12月22日

出身地: 富山県高岡市

学歴:高岡市立中田中学校

   富山県立高岡高等学校

   東京大学 教育学部 教育学科

2023年4月日本テレビ 入社、ZIP! (水曜フィールドキャスター)

 

住岡佑樹アナはプロレス観戦が趣味で、プロレスラーの生き様に感銘を受けています。

特に、アントニオ猪木さんの言葉で、『一歩踏み出す勇気』

 

自分に強さをくれる言葉であり、一歩踏み出した先に、もっと自分のことが好きになれました。

これからも、どんな仕事にも恐れず果敢に飛び込みます!と語っています。

大学野球で怪我を繰り返しながらも、チームのために戦い続けた経験から、この信念を持っています。

 

住岡佑樹アナの魅力

住岡アナウンサーの魅力は、なんといってもそのさわやか笑顔と落ち着いた話しぶりです。

また、頭脳明晰で的確なコメントをする一方、天然キャラな一面も持ち合わせており、親しみやすい印象を与えます。

 

入社1年目とは思えないほどの安定感と存在感を放つ住岡アナウンサー。

今後の活躍がますます期待されます。

ISE AD
おすすめの記事